ジェネリック医薬品とは?ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは

最近病院に行くと、薬局で処方される薬にジェネリック医薬品というものを見かけることがあると思います。多くの方は知っているかもしれませんが、ジェネリック医薬品は価格が安く販売されています。

 

当然の疑問として、薬を買うなら安い方がいいのでジェネリック医薬品だけをほしいんだけどそうできないの?というものがあると思います。

 

実はすべての薬にジェネリック医薬品が存在するわけではありません。薬の開発には数百億円という巨額の開発費を使って製薬会社で発明されます。大きな製薬会社になるとその発明する薬に対する効果によっては国からの補助金などが出ますが、それほど重要な効果が発揮できない医薬品の開発には製薬会社でそのすべての開発費をねん出しないといけません。

 

そのために、一つ新しい薬の開発費を、薬を販売することによって稼がないといけないのです。

 

もちろん販売されるとその成分はほかの製薬会社は分析して知ることができます。そして、同じ成分のものを開発費をかけずに販売することもできてしまうと、初めて薬を開発した会社は自社で開発した薬を販売して開発費を取り戻すことが難しくなってしまいます。

 

そうなると、多くの製薬会社が新しい薬を開発するよりも、ほかの製薬会社が開発した薬のコピー商品を販売した方が簡単に設けることができると考えてしまい、製薬業界の研究する意欲が激減することになります。

 

そうならないように、新しい薬を開発すると約20年から25年間は他社はその薬に類似する薬を製造販売することはできないというルールがあるのです。

 

そのルールの期限が切れると、ほかの製薬会社はジェネリック薬として同じ成分の薬を製造販売し始めるので、消費者には格安で購入できるようになるということです。

 

なので、クスリに中にはまだ期間が切れていないので、ジェネリック薬が販売されているわけではありませんが、これからどんどんジェネリック薬は増え続けていくことだけな確かです。

 

病院でしジェネリック医薬品を頼む方法

 

最近では病院で診察すると、清算の時に処方箋を渡されるようになっており、それを薬局に持っていくことで薬をもらうことができます。こうすることにより、医師が必要だと許可したものがきちんと患者さんに渡されるということです。

 

薬局で処方箋を渡す時に保険証を提示するしますが、こと時に薬はジェネリック医薬品を希望すると伝えると、薬局の方で安価なジェネリック薬を渡してくれます。